公的研究費の不正への取り組みに関する方針

東京医科大学では、「研究機関における公的研究費の管理?監査のガイドライン(実施基準)」 (大发体育在线_2024欧洲杯赌球平台#3年2月1日改正 文部科学省)に基づき、本学における公的研究費の適正な運営?管理について検討してまいりました。このたび、公的研究費の使用及び管理を適正に行うことを目的に本学の体制を整備いたしました。この体制のもとに、公的研究費の不正使用を防止し、適正な運営?管理を行うよう努めてまいります。

東京医科大学における公的研究費の不正使用防止に関する基本方針

公的研究費に係わる不正防止計画

東京医科大学公的研究費の管理?監査に関する規程

東京医科大学教職員等の研究活動に係る不正行為等に関する規程

責任体制

(1)最高管理責任者:学長
?最高管理責任者は、不正防止対策の基本方針を策定?周知するとともに、
 それらを実施するために必要な措置を講じる。
?最高管理責任者は、次条に定める統括管理責任者及び第5条に定めるコン
 プライアンス推進責任者が責任をもって公的研究費の運営?管理が行える
 ように指導力を発揮する。
?最高管理責任者は、不正防止対策の基本方針や具体的な不正防止対策の策
 定に当たっては、重要事項を審議する常任役員会?理事会等(以下「役員
 会等」という。)において審議を主導するとともに、その実施状況や効果
 等について理事等と議論を深める。
?最高管理責任者は、自ら大学の学部、附属の研究所等、一定の独立した事
 務機能を備えた組織(以下「部局等」という。)に足を運んで不正防止に
 向けた取組を促すなど、様々な啓発活動を定期的に行い、構成員の意識の
 向上と浸透を図る。

(2)統括管理責任者:副学長(研究科長)
?統括管理責任者は、最高管理責任者が策定した基本方針に基づき、